ED治療薬で損しないための通販   >   ED治療薬の作用と効果

ED治療薬の作用と効果

男性のペニスに驚く女性

ED治療薬はさまざまな種類があり、それぞれ成分や成分量などが異なりますが、こちらでは共通する作用や効果についてご説明します。

バイアグラやレビトラ、シアリスは「PDE-5阻害薬」と呼ばれています。男性器が勃起するには、cGMPという成分の働きによって血管が拡張される必要があります。これによってペニス部分に血液が多く流れることで、男性器は正常に勃起します。しかし、PDE-5という酵素がcGMPを壊す働きがあるため、これが活発になると血管が拡張されずうまく勃起しなくなります。これがEDの原因です。正常な男性はPDE-5という酵素の分泌量がうまくコントロールされていますが、EDを発症しているとPDE-5の分泌が盛んになり、cGMPの働きが妨げられているのです。ED治療薬はこのPDE-5の働きを阻害する作用があり、この酵素を邪魔することにより、正常な勃起を実現してくれます。

ED患者は1998年時点で1130万人にも上り、現在はそれよりも数が上回っていると言われています。若い人の間でも多いEDは決して人ごとではありません。中折れを起こすようになったり、思うように勃起ができなくなった場合は、EDを疑って医療機関を受診することをお勧めします。

もしED治療薬のみ欲しいという場合は、病院を受診するよりも海外医薬品の通販サイトを利用した方がお得です。ED治療薬の通販サイトでは、薬の単価が安く、基本的に薬代と送料しかかかりません。病院のように診察代や説明代金を請求されることがないので、医療費の削減にもつながります。

ED(勃起不全)は放置しておけば自然に治るものではないため、症状に気付いた時点で通販サイトでED治療薬を購入することを検討しておくとよいでしょう。『お悩み宅急便』ではまとめ買いによる割引も行っております。